モリムシクイ

本日 病院より外泊許可が出て 家に帰り 洗濯・掃除をして ネットを開くと
「モリムシクイ」という小鳥が近くに来ているとのことで 
早速 出かけたら 20人のカメラマンがいました。
d0155940_1736373.jpg
d0155940_17361824.jpg

やや黄色がかった鳥の色です。
ムシクイ特有の地味さが合います。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-11-05 17:37 | 319>モリムシクイ

遠征

d0155940_17532666.jpg

明日 遠征します。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-09-15 17:53 | 209>エトピリカ

彼岸花 黄色 ピンク

今日 一年ぶりに 撮影したかった花を 撮影できました。
去年 驚いたのが ピインクの彼岸花でした。
d0155940_1723454.jpg

その当時は 白い花と赤い花があることは知っていましたが
この花を見て 驚きました。
その時に 先達から 「黄色い彼岸花も咲いてたんだよ! 
もう少し早く来てれば見られたな!」とのことでした。
それで 一年間 待ちました。
ここは 広い場所ですので 探すとなると 大変なんですが
まだ 彼岸花は ちらほら咲いてるだけでしたので 助かりました。
見つかったのは 一株だけでした。
d0155940_17282892.jpg

残念なのは 半分しおれかけています。
他の場所も 探しに探したのですが 咲いていたのは これだけでした。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-09-12 17:29 | 彼岸花

「ササゴイ」とその獲物!

きれいな川に 大きな中州が有り 草も生えて いろんな鳥が いました。
清い川の流れに目を向けると
d0155940_17262093.jpg

大きめの石の上で 身を低くし 構えて動かない鳥がいます。
白い縁取りの羽根を持つ「ササゴイ」です。
水の中には 大きくレインボーカラーの魚<オイカワ>がいます。
「ササゴイ」は<オイカワ>を狙って 長いこと動きません。
d0155940_1732665.jpg

獲物が決まれば「ササゴイ」は 全身を精一杯伸ばし 嘴 一本で掴まえます。
カワセミは掴まえた魚など固いものに叩き付けて 気絶させてから 飲み込みますが
「ササゴイ」は 生きたまま飲み込みます。
<オイカワ>も 体全体を激しく使って 特に 尾びれの動きは 激しく 力強いのですが
それでも 「ササゴイ」は 嘴 一本で銜えて その抵抗で 頭が動こうが放しません。
d0155940_17382645.jpg
d0155940_17385316.jpg

生きたまま飲み込みます。
<オイカワ>も 飲み込まれた後も 「ササゴイ」の首の中で 激しく動き続けています。
「ササゴイ」の首が 左右に 急激に 何度も膨らみます。
美しいもの達の厳しい世界です。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-08-01 17:41 | 318>ササゴイ

シロエリオオハム

今日は 2016年の七夕です。
この日 この項目をクリックしましたら 何も 出てきません。
確か 2年前の6月末に 北海道で 漁船に乗り 波に揺られて 鳥も波に揺られて
連写するも あっという間に フレームアウトしながら 何種かの海鳥を撮影しました。
「シロエリオオハム」も その一つでしたが すっかり忘れていましたので 
遅ればせながら 報告いたします。
漁船で近づいていきますので ほとんどの画像が鳥の後方からの画像、
遠い画像になってしまいます。
d0155940_1625321.jpg
d0155940_1631268.jpg

この2枚の画像も 背後からの画像になってますが 
嘴の形と 首に黒い襟巻のような模様が見えますので
「シロエリオオハム」と判断しました。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-07-07 16:05 | 258>シロエリオオハム

「ハイイロオウチュウ」!

今日 車のシートに挟まれたCFカードを見つけ 中身を確認したところ 先月 島で撮影したものでした。
そこには 現地の方が 日本では珍しいと言われてた「ハイイロオウチュウ」が入っていました。
見つけていたのですが てっきり 無くしたものと諦めていたものです。
この鳥の出遭いですが 林に挟まれた道に沿って カメラマンのいる方に 向かってきますが
その多さに カメラマンの手前の木に隠れてしまいました。
d0155940_16572423.jpg

上手いこと枝を使って 隠れたものです。
場所を左に移動して 撮影。
d0155940_16585092.jpg

尾羽が長く 特徴的な灰色です。
ですが すぐに その木から逃げて 2・30m先の道の両側の木々を飛び交っています。
一瞬 右側の枯れ木にとまりました。
d0155940_1723966.jpg

ですが 人が近付いたものですから
d0155940_1731459.jpg

道の左側の暗い木に 飛び移って 入ってしまいました。
その後は チョコと姿を見せますが 誰かがレンズを向けようものなら それより速く 木陰に隠れます。
其の儘待っていましたが 辺りが夕暮れで 暗くなる頃に 
すぐ後ろの暗い森のの中に現れましたが 素早く 黒いシルエットでしか確認できません。
d0155940_1774445.jpg

画像ソフトをいろいろ試行して 明るくなった画像ですが もやっとしています。
ですが この日 一番の接近画像でした。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-06-03 17:09 | 316>ハイイロオウチュウ

「オウチュウ」!

「オウチュウ」とい鳥を この島に渡って 初めて知りました。
d0155940_17543077.jpg

実は この木には 3羽が とまっています。
その木以外に 近くに枝が目立つ木があり 更に 近くの高い電信柱と電線がとまる処のようです。
その3ヶ所を 飛び交っていました。
見た目は 体は 真っ黒で 尾羽が長く その先が燕尾服のように 綺麗に分かれています。
d0155940_180399.jpg

目が黒く 小さいのでしょうか ハッキリ 見ません。
d0155940_1814331.jpg

光の加減で 青く光る時もあり なかなか シックで ダンディーな鳥です。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-27 18:03 | 315>オウチュウ

「タイワンハクセキレイ」!

「タイワンハクセキレイ」ですが この島では いたるとことで見ました。
関東で見るセグロセキレイやハクセキレイと 色合いは似てるのですが
見た瞬間 なんかちがうな!と感じました。
d0155940_17271837.jpg
d0155940_172817.jpg
d0155940_17285897.jpg

顎から胸元にかけての黒い部分が 丸く大きいように感じました。
ただ セキレイん仲間は多く 区別するのが困難な種もあるようです。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-23 17:30 | 312>タイワンハクセキレイ

「シロハラホオジロ}!

「シロハラホオジロ」を撮影するために 2日間 車中で待ちました。
現れたのは 2日目の午後4時過ぎ 凡そ2秒でしょうか!
カメラは 秒10枚の連写しますが 写っていたのは 5枚で2パターンでした。
d0155940_1863372.jpg
d0155940_1864742.jpg

この鳥が写っていることは 家に帰って モニターで確認するまでは 諦めていた鳥でした。
写っていただけでも感謝でしょうか!
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-17 18:08 | 317>シロハラホオジロ

「キガシラセキレイ」!

島に渡って 初めて知って 見た小鳥です。
頭部から腹部にかけて黄色く 可愛い小鳥です。
d0155940_18232379.jpg
d0155940_18235150.jpg

ボケ画像ですが 水浴びから一瞬 飛び出して
d0155940_18251183.jpg
d0155940_18253544.jpg

飛び降りた画像です。
何を 田圃の中で捜してるんでしょうか?
d0155940_18264670.jpg

虫には見えますが ヒルでしょうか?
次担ぎにとさがして 食べていました。
最初は お昼ごろでしたが 車から出ると 逃げてしまったんですが
午後4時過ぎ来た時は 外に出ても お食事に忙しいようで逃げません。
ただ シャッターの連写する音に反応して 一瞬 こちらを見ますが 
その時が 最高に可愛いです。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-16 18:30 | 314>キガシラセキレイ

「ムネアカタヒバリ」!

今回 島に渡るにあたって 遇いたい鳥の1羽でした。
広い田園の中に 2か所 2・3枚ずつ粗代掻きされた田があり 2手に分かれて 観察することにしました。
観察すること3・40分 後ろの車がパッシングしてます。
そして 田の畝辺りにレンズを向けて 撮影してます。
d0155940_19244066.jpg
d0155940_19251244.jpg
d0155940_19253875.jpg
d0155940_1926835.jpg

「ムネアカ」の色合いが 上手く出てないところがありますが
車中からで 高い位置からの撮影で 残念な気持ちは有りますが
撮影出来たことに満足して 撮影を続けました。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-15 19:28 | 310>ムネアカタヒバリ

「カラシラサギ」!

以前 コサギと区別がつかずに 撮り損ねた鳥です。
「カラシラサギ」とコサギとを判別するのが 容易なのは 冠羽です。
「カラシラサギ」は それが房状で コサギは2本しかありません。
d0155940_19151276.jpg
d0155940_19153874.jpg
d0155940_1916973.jpg

かなり辺りは暗く 午後6時過ぎでしょうか!
最初は 車中より撮影していましたが どんどん 近付いてきましたので
そうっと車外に出て撮りましたが 平気で近づいてきます。
かなり 多く撮影出来ました。
ただ 暗かったので 画像が粗く ブレていて 残ったのは 僅かでした。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-14 19:19 | 309>カラシラサギ

「シマノジコ」!

今回の撮影旅行で 遇いたい鳥の3種のうちの1種でした。
1日がかりで 2日かかりましたが 恵まれていたように思います。
この鳥に遇いたくて 他の島には 5・6回わたっています。
ただ 撮影するには 距離があリましたので 満足していませんが 
双眼鏡では しっかり見ることが叶いました。
d0155940_19173698.jpg
d0155940_1918472.jpg
d0155940_19182743.jpg
d0155940_19184868.jpg

今回は この小鳥を見られたことで 満足してしまいました。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-13 19:19 | 311>シマノジコ

「コウライキジ」

この島の撮影場所では 実に 近くで 大きな声を何度となく聞きましたが 姿は 決して現わしませんでした。
次の撮影場所に移動しようと エンジンをかけ レンズをバッグにしまおうとして 外を見たら
池の斜面の草地 30m先に 急に 大きな鳥がいて 草を食べるので 上ったり下がったりしてました。
エンジンの微妙な動きで 画像は ブレが治まりませんが 後ろの窓ガラスにレンズを置いて撮影です。
d0155940_17132577.jpg
d0155940_17135350.jpg
d0155940_17142295.jpg

やがて こちらの存在に気づいて 斜面を降りてきます。
そこには 暗い草に隠れて 穴があり その中にスッーと消えてしまいました。
日本の国鳥の雉は 紫から青の微妙なグラーデションを身に纏って美しいですが
「コウライキジ」は 暖色系の様々な微妙な色を纏って やはり 美しい。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-12 17:18 | 313>コウライキジ

「ノジコ」!

4月下旬に 島に渡って 本日5月9日の午後に戻ってきました。
知人が渡られるとのことで お願いしたところ 許可を得てt 急遽 行ってきました。
知人と島の方々の良い関係に助けられて 多くの種を撮影することができました。
まずは
d0155940_19101168.jpg
d0155940_19103647.jpg

「ノジコ」と思われます。撮影すえるのは初めてです。
アイリングが白く 本やネットで調べたところ 全体の色合いや 嘴の形が似てますので
「ノジコ」としました。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-05-09 19:12 | 308>ノジコ

小さな沼に 「コオバシギ」が来ました。

大きな沼の公園には 小さな沼があります。
そこに マガモより小さいシギがいました。
d0155940_1784636.jpg

嘴の長さ・形と胸元の色、羽根の模様から「コオバシギ」のようです。
小さい沼ですが 被写体までは距離があって 綺麗に撮れていません。
d0155940_17113791.jpg

ハマシギと一緒にいることが多いです。
大きさは ハマシギよりも一回り大きいでしょうか。
d0155940_17131658.jpg

長い距離を 給餌で 歩き回って ハマシギと一緒に休んでいます。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-04-12 17:14 | 307>コオバシギ

「イワミセキレイ」に やっと やっと遭えました!

3年前から 撮影したい鳥と思っていましたが 遠いので 二の足を踏んでました。
ですが 3月24日に 迷いながらも たどり着きました。
その地は 神の地と知られ 深淵な森の中の 静かな大きな池があり 神秘的な場所です。
その一番奥の池に近い場所にいました。
そこで 出会いましたある方のご厚意で 近くでの撮影が叶いました。
d0155940_2024783.jpg
d0155940_20242185.jpg
d0155940_20243289.jpg
d0155940_20244412.jpg

この鳥に出遭えたことで この旅の目的は 十分叶いました。
この鳥との出遭いもうれしかったのですが
ここで お会いした方が話された撮影のエピソードをお聞きできて 
私自身も悔い改められた気持ちです。
私は 自然に対し大胆にして緻密な考えを持って実践されてきた方のお話に 勇気を頂きました。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-03-30 20:31 | 305>イワミセキレイ

「コシジロヤマドリ」 初見!

思いも寄らぬところで 思いもよらないものに遭遇しました。
「ヤマドリ」は 今から37・8年前に 岐阜の山道を 運転してる車の直ぐ前に 飛び出して来ました。
車中の3人は その赤い鳥の美しさに 無言で見いってました。
今回は 鹿児島県から宮崎県の県境を 迷いに迷っていた中での遭遇でした。
d0155940_19214352.jpg

色合いは 以前見たことのある「ヤマドリ」なんですが
使えるカメラを構えた時には 山の中に 入ってしまいました。
車を止め 窓を開けて 暫し 待ちましたら
隠れた木の後ろから 草むらに出てきました。
d0155940_19231541.jpg

よ~く見ると 長い尾羽の付け根でしょうか?腰の部分が白いのです。
d0155940_1925177.jpg

輝く目とその周囲の深紅の色あいが印象的です。
羽根の模様も 深紅の色から 温かい赤色 そして 赤茶色のグラデーションで模様が形作られています。
d0155940_811048.jpg

そして 腰の白い「ヤマドリ」です。
「コシジロヤマドリ」といって 九州南部に棲息する鳥のようです。
平成28年(2016年)3月24日(木)に 初めて知り 初めて見た鳥です。
そう カッコよく言えば 「未知との遭遇」!
どこかで聞いたことのあるフレーズですが 予想もしなかった出遭いでした。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-03-27 19:35 | 306>コシジロヤマドリ

早朝の湖に 「ヤマヒバリ」を求めて!

昨夜は 雨が降って 当地も曇っていて暗いところでの撮影でした。
午前7時30分頃に着くと 多くのカメラマンが 山肌にレンズを向けて 撮っています。
その方向を見ると 小さい影が見えました。
d0155940_1582629.jpg

d0155940_19465877.jpg

目の周りが黒くて 体は茶色い感じです。
近くの木の枝にとまりましたが 逆光気味で 忠実な色が出ていません。
d0155940_15125561.jpg

「ヤマヒバリ」と云うことです。
寒くて 暗くて 暫くいましたが 出てきませんので帰りました。
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-03-10 15:15 | 304>ヤマヒバリ

コホオアカです!

今年は ビンズイに似た模様の鳥を また 撮ってきました。
ただ 頭が赤っぽく 側頭線が黒く 赤い頭央線が ありますので 「コホオアカ」でしょう!
d0155940_18495854.jpg
d0155940_18503319.jpg
d0155940_1851386.jpg

枯れ草の中 識別が難しいですね。
この手の小鳥は 5時間待って 撮影出来たのは10秒でしょうか?
[PR]
# by un54ms-mydre2 | 2016-03-02 18:52 | 302>コホオアカ